抜型部門

   ベニヤ板にレーザーにより、箱寸法図柄に溝を刻設し、刃物・罫線を埋め込み、スポンジ等により、
    品質欠陥や打抜き機の生産性を考慮して、ダイメイクした物で打抜き機にセットして、
    板紙や段ボールシートを打ち抜き、箱ブランク形状に仕上げる為の成型物。
          
   今後、抜型の良し悪しは抜型のダイメイクの良否できまり、打抜機の品質や生産性が大きく
    左右される。
 


    エムケイ製作所では、機械化による製作時間の短縮・寸法精度の向上に努めております。

    CAD入力から加工機へのダイレクトデータ転送により。複数の作業を同時に進行できる為
      製造時間が短縮され、コストダウンに繋がります。

    高精度の製品を安定して供給することが可能です。